看護師(ナース)求人・転職サイトを満足度の高いもの優先で紹介します!

看護師ってどんなお仕事?

看護師は時に息を引き取る患者さんを看取ることもあり、またその逆に赤ちゃんがこの世に誕生する時に、赤ちゃんを抱き上げる助産師という役割もあります。
看護師は人の命に深く関わる、とても特別な職業なのです。その重要な役割ゆえに、深い知識や技術、臨機応変に対応出来る冷静さ、判断力など多くのものを求められる仕事でもあります。

簡単な仕事、楽な仕事では決してありません。むしろ、ほとんどの場合「キツイ仕事」なのです。しかし、この世で無くてはならない非常に大切な仕事とも言えます。

看護師は国家資格の取得が必要です。

看護師は「保健師助産師看護師法」に基づいて、厚生労働省から免許を与えられて晴れて看護師となることが出来ます。
この資格を取るためには大学、短大、専門学校で学んだ後卒業し、免許取得に臨みます。短大や専門学校で3年学ぶか、4年制の大学か一部の専門学校で助産師や保健師の受験資格も取得するのか、異なる部分はありますが、看護師の国家試験合格率は90%となっています。
学ぶべきカリキュラムをしっかりと学べば決して狭き門ではないのです。とは言え、看護師はとても学ぶことが多く、看護学校から始まり、医療の技術の進歩と共に身に付けなくてならない技術も数多くあります。
免許取得後現場でも学び続けるのです。それだけに看護のスペシャリストとして実りも多い職業と言えます。
>>看護学校受験対策講座の詳細はコチラ

看護師は勉強の毎日

保健師、助産師も国家資格の取得が必要です。

保健師、助産師も厚生労働省から免許を与えられてはじめて働くことが出来ます。
保健師は、各地域の保健所や企業の健康管理室などで働きます。「保健」の言葉からわかるように人々の「健康を保つ」ために病気の予防や健康管理についての専門職です。
助産師は、産婦人科等で出産をする女性と赤ちゃんを援助する仕事です。現在のところ助産師は女性のみの職業となっています。

看護師の資格で働く、医療機関以外の職場

看護師の資格で働ける職場は医療機関だけに留まりません。例えば、老人ホーム、訪問看護、デイサービス、訪問入浴、保育園、企業、イベント、治験(臨床開発関連)など看護の仕事は多種多様です。職場を選ぶ時は、病院に限らず様々な可能性を考えて就活しましょう。
養護教諭という資格をとって、学校の保健室の先生になることも出来ます。

看護師のキャリアアップとは?

看護師の資格をとって就職しても、看護師さんの学ぶ機会は終わりません。例えば、病院で働く場合、最初は誰しも新人看護師として毎日毎日実際の仕事を学びます。その後、3年くらいの経験を積む頃に「プリセプター」という、新人教育係になったり、病棟の主任、師長、看護部長とキャリアアップの可能性があります。
そのために各病院でそれぞれ各段階に合わせて、研修や時には試験が用意されていることも多いのです。看護師さんは絶え間なく学び続けるのも仕事の一つということになります。

看護師は、白衣の天使であって白衣の天使ではない。

看護師には「白衣の天使」というイメージがあります。それは、優しさの象徴のような存在なのかも知れません。
患者さんにとっては確かに「白衣の天使」なのかも知れませんが、実際の看護師業務は「優しい」だけでは務まりません。様々な知識、技術、経験に基づいたバランスの良い働きが求められているのです。
病院で働く場合は、チームワークスキルも求められ、患者さんとのコミニュケーション能力も必要です。細かく言えばデスクワークのスキルなども大切になってくるのでパソコンスキルも必須です。

白衣の天使

看護師の醍醐味とは?

何と言っても看護師は人の命に寄り添う特別な仕事です。その充実感は計り知れないものがあります。
そして、共に病気と戦った患者さんの「ありがとう」という感謝の言葉こそが、何にも変え難い報酬なのかも知れません。

患者さんの「ありがとう」

看護師転職サポート